更年期障害は様々な健康食品が役に立つ

その症状はいろいろ、ほてり、肩こり、眩暈、発汗、むくみなどなど

TOP > 更年期障害で悩む女性のために健康食品のすすめ

更年期障害を乗り越えるためにサプリメントも良い

更年期障害にサプリメントはおすすめ

更年期障害になると、のぼせや頭痛、眩暈といった症状が幾度となく現れるようになります。それまではあまり汗をかかなかった方でも、急に汗をかく体質になります。この更年期障害の症状には個人差があるため、ほてりなど軽めの症状で治まる方もいれば、動悸や倦怠感といった重めの症状に悩まされる方もいます。

更年期障害の時期というものは、時がたてば自然と過ぎていくものですから、上手に乗り越えられるよう前もって対策を考えておくようにしましょう。その場合、サプリメントを利用するだけでも更年期の症状をある程度緩和させることができます。一つのサプリメントに複数の有効成分が配合されていますが、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンなどの成分が入るものが人気を集めています。サプリメントを選ぶ場合は、更年期用の対策成分がしっかり配合してあるものを選ぶようにしましょう。また、その更年期の症状が重いと感じる場合は専門医師による治療をおすすめします。

卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下
更年期には、卵巣機能低下に伴い排卵や月経など、生殖機能を維持する卵胞ホルモンの分泌が急激に低下します。卵胞ホルモンは女性の体の働きを調節するホルモンで、分泌低下により体調の変化が起こりやすくなるのです。 卵巣機能は低下しても、脳はホルモンを分泌するように出し続けるために、自律神経系の症状が出現します。閉経後、数年後には、一定に低下し、安定した状態に落ち着くので障害は軽快、消失します。
ポーラファルマより引用

更年期障害に効果がある漢方は

更年期障害を改善させるために、人それぞれの症状に合わせて漢方薬を使用する方もいます。冷え性や貧血がひどく、体力も低下している場合には「当帰芍薬散」を用いることがあります。単一成分のサプリメントとは違って、当帰と芍薬を中心とする6種類の生薬が複雑に働いて効果を発揮します。体力がある実証の場合において、体の冷えと肩こりの症状が顕著な場合には「桂枝茯苓丸」を用いて対処できます。桂枝茯苓丸には、マツホドの菌核となるブクリョウという生薬が配合されています。その他にも桃仁や牡丹皮も使われ、更年期障害を改善させるための作用が働くように配慮されています。サプリメントとしても使われることがある桂皮には、発汗や鎮痛などの効能があるため更年期障害に対しても有効に働きます。意外と更年期の症状を漢方で改善させる方は多いのです。

油断は禁物、若年性更年期障害もあります

更年期障害というものは、ある程度の年齢になると訪れる病気のことです。症状が起こるその年齢というものには決まりはありません。ですが、40~50歳くらいの年齢に発症することが多いとされています。発症する年齢に絶対ということはないことから「若年性更年期障害」ということもあります。若年性更年期障害とは、読んで字のごとく若い年齢で起こる更年期障害のことです。20代や30代という若い年齢でも油断できないものなのです。更年期の症状が出る場合があります。私は大丈夫とは、絶対に思わないでください。若年性更年期障害を軽く考えないようにしましょう。

若年性更年期障害の主な原因
・ストレスを抱える
・過度のトレーニング
・過剰なダイエットや、太りすぎ
・喫煙
・生活習慣の乱れ
・睡眠不足

疲れやすい・気分が沈む・イライラするなどの症状があれば若くても更年期障害と同じで、ちまたではこんな状態を「若年性更年期障害」と呼んでいます。ですから、更年期は、まだ先のことと侮ることは禁物です。(「若年性更年期障害」は、医学用語ではありません)
エキサイトニュースより引用

更年期障害はセルフケアで心のバランスを整える

更年期障害になった場合は、ホルモンバランスの乱れによって心のバランスも崩れやすくなります。そんなときは更年期の症状対策にサプリメントを利用する事でセルフケアをすることにしましょう。例えば、心を穏やかにする作用がある脳内物質のセロトニンの分泌をサポートしてくれる「セントジョーンズワート」は、ヨーロッパで古くからハーブとして利用されてきた歴史があり、ドイツでは医薬品として認定されているれっきとした健康成分です。またプラセンタ成分が入るサプリメントも、女性ホルモンや自律神経の働きを調整してくれる効果が期待できるため、イライラしやすい更年期に摂取するのがおすすめとされています。あまりに症状が酷い場合には婦人科を受診することも必要ですが、まずは自分で行えるサプリメントなどでセルフケアをして対処することからはじめましょう。

どうして効果があるのか?
うつ病やうつ症状がある人は、脳内でノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンといった神経伝達物質と呼ばれるものが少なくなっています。抗う薬剤はこの物質を増やす薬ですが、セントジョーンズワートには同様の効果が認められているからです。
障害者ドットコムより引用

心が不安定な症状にもエクオール成分が役立つ

ちょっとしたことでイライラしたり、くよくよと悩んでしまうことが続く方は「セロトニン」が不足している可能性があります。セロトニンが体内で不足するとやる気がなくなったり、物事に興味を持てなくなるなど、心の病のような不安定な状態になりやすいのです。ですからこの成分を積極的に増やす必要があります。セロトニンの生成には善玉菌の多い、良い状態の腸内フローラが欠かせないものです。腸内環境の質を高めるために「エクオール」のサプリメントを摂取することをおすすめします。

エクオールというものは、人間の体内で作られる成分ではありますが、生まれ持った体の質の関係で作り出せないという方がほとんどです。そのためサプリメントをおすすめしているワケなのです。腸内の健康を整える働きが高い成分ですので、体のために積極的に摂取するようにしてください。またエクオールには、セロトニンの濃度を上げる効果を持ったエストロゲンと似た働きがあります。継続して体内に摂り入れることで精神的なところを落ち着かすことにも役立ちます。
- 参考サイト -
セロトニンについて
エクオールについて
エストロゲンについて